円筒研削の対応可能範囲はどれくらい??

真円度1ミクロン以下(0.1~0.9μm)
にも対応可能
外径最小10mm~
最大90mm
長さ200L
主な対応材質鋼(SUJ2・SCM・S45C)
対応ロット1個~
その他 対応技術詳細はこちらへ
(イチオシ加工技術ページへ)
円筒研削画像

円筒研削に向いているものは??

基本的に、円筒状の工作物で両端面のセンタで保持できるものの加工に適しています。また、工作物の研削長さが長い場合、円筒研削を選択します。プランジ研削では、中量生産が可能で、数段連続研削のような応用研削もできます。研削長さが長い場合は、トラバース研削となります。この研削では、1ヶの加工時間が長くなります。また、円筒度精度を良くするには高度な技術が必要となります

そもそも、円筒研削ってナニ??

加工対象となる工作物を回転させながら、その外周を研削する方法です。
加工する対象は通常主軸台と芯押し台の両センターで固定されて回転します。
このとき、工作物を回転させながら左右に動かして加工していくことをトラバース研削、逆に工作物は回転させるだけで左右ではなく、工作物側に切り込ませていく方法をプランジ研削といいます。

円筒研削風景